Facebook

FLOWER is LOVE

COLUMN

2016年8月10日

プリザーブドフラワーってどれくらい持つ?長持ちする保存方法や期間

プリザーブドフラワーは半永久的に持つ?

プリザーブドフラワーは半永久的に持つ?

プリザーブドフラワーは生花のように枯れることもなく、半永久的に美しい状態を保つといわれていますが、実際にはどれくらい長持ちするのでしょうか。

プリザーブドフラワーが長持ちするかどうかは、その種類や保存状態によってほぼ決まってきます。比較的湿気の少ないヨーロッパでは保存状態が良ければ5年~10年持つとされていますが、日本は湿気が多いため、場合によっては2~3か月で劣化が始まることもあります。

また、プリザーブドフラワーには着色を施しているため、経年により色あせが起こりやすくなります。色あせのスピードは保存状態によって決まりますが、一般的に赤などの濃い色は色落ちしにくく、ピンクなどの薄い色は色が抜けやすいと考えられます。

しかしながら濃い色のプリザーブドフラワーは色移りすることもあるので、そうならないために梅雨の季節にはティッシュを一時的にお花とお花の間に添えておくと良いです。もしくは湿気の多い場所には置かないように気をつけるようにするなど、それぞれの種類に応じてお手入れを行いましょう。

プリザーブドフラワーを長持ちさせるための工夫

とてもデリケートなプリザーブドフラワーを美しく保つには、保存に工夫が必要です。プリザーブドフラワーは湿気に弱く、高温多湿の環境に置かないよう注意する必要がありますが、逆に湿度が低すぎるのもよくありません。乾燥させすぎるとお花のヒビ割れ・裂けが起こる場合があるため、適度な湿度を保つことが重要です。

植物の近くにプリザーブドフラワーを置くのも避けましょう。水やりの際にうっかり水がかかってしまい、劣化の要因となります。また、プリザーブドフラワーをむき出しの状態で置いておくと、どうしてもホコリがつきやすくなります。

放置すると花びらが傷む原因になってしまうので、ホコリが直接かからないようにカバーをつけたり、ディスプレイケースに入れておくことをおすすめします。

プリザーブドフラワーを初級から学ぶなら(オンラインレッスン・即日取得可能なディプロマで資格取得や講師への道も)

プリザーブドフラワーを初級から学ぶなら(オンラインレッスン・即日取得可能なディプロマで資格取得や講師への道も)

プリザーブドフラワーをご自身で制作したい方、ディプロマ資格取得や講師への道を目指す方を、一般社団法人FlowerBeautyLife協会はサポートいたします。

初級レベルから基礎をしっかりと学びたい方、応用スキルを習得したい方まで丁寧に指導いたしますのでご安心ください。

気軽に受講できるオンラインレッスン・体験レッスンもご用意しました。オンラインレッスンは仕事や家事、育児などで忙しい方でも続けやすくなっています。また、初級ディプロマコースは修了書の即日取得が可能で、別途契約することですぐに講師として活躍できるなど様々なメリットがあります。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

プリザーブドフラワー・ディプロマに関する資格をサポート

会社名 一般社団法人FlowerBeautyLife協会
住所 〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15-1403
電話番号 090-4653-3319
URL http://flowerbeautylife.or.jp

Content